TOPへ

医師紹介

院長挨拶

地域のみなさまの
安心の拠り所になりたい。

麻布十番たちばな泌尿器科・皮膚科クリニックの院長の橘秀和と申します。私は東北大学を卒業後、NTT東日本関東病院で医師としての基礎を学び、その後、東京女子医科大学病院をはじめとする医療機関で、15年以上にわたり前立腺癌・腎癌・膀胱癌を中心とした癌診療に専念してきました。
早期癌の外科治療から進行癌の薬物治療、さらには緩和ケアまで、多岐にわたる最先端の医療を経験してきました。忙しい日々の中で、患者さんと向き合い、最適な医療を追求することが私の使命と感じています。これまでの経験と知識を活かし、地域の皆様の健康をサポートしていきたいと思います。また、近隣の総合病院とも密接に連携し、専門的な治療が必要な場合にもスムーズに対応できる体制を整えておりますのでお気軽にご相談ください。

麻布十番たちばな泌尿器科・皮膚科クリニック
院長 橘 秀和

皆さまへのお約束

  1. 「今日よりも明日が幸せであるために」をモットーに、地域の皆さまと共に歩んでまいります。
    患者さん一人ひとりの悩みに寄り添い、常に最新の、質の高いオーダーメイドの医療を提供します。
  2. 男性も女性も共に活躍する社会の実現のため、私たちは最良の医療サービスを追求します。
    尿漏れや頻尿、性機能障害など、困ってはいるもののなかなか相談しにくい悩みにも適切に対応いたします。
  3. ボランティア活動を通じて、地域の声に耳を傾け、共に進化する、地域に根ざした信頼できる医療サービスを展開していきます。

経歴

2008年 東北大学医学部卒業
2008-2010年 NTT東日本関東病院 外科レジデント
2010-2014年 NTT東日本関東病院 泌尿器科
2014-2017年 東京女子医科大学病院
2017-2021年 東京女子医科大学足立医療センター
2021-2023年 済生会加須病院 泌尿器科 副部長
現在 東京女子医科大学病院 泌尿器科 非常勤講師

資格・所属学会

医学博士

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡ロボティクス学会 腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • ロボット支援手術プロクター認定医
  • がん治療学会 認定医
  • 日本泌尿器腫瘍学会
  • 腎癌研究会
  • 日本移植学会
  • アメリカ泌尿器科学会(AUA)

執筆論文一覧

  1. Tachibana H, Iida S, Kondo T, Fukuda H, Takagi T, Iizuka J, et al. Possible impact of continuous drainage after minimally invasive partial nephrectomy. Int Urol Nephrol. 2015;47(11):1763-9.
  2. Tachibana H, Takagi T, Kondo T, Ishida H, Tanabe K. The safety and validity of surgical resection for hemodialysis-dependent patients with renal cell carcinomas involving the inferior vena cava. Int Cancer Conf J. 2016;5(3):136-9.
  3. Tachibana H, Kondo T, Takagi T, Okumi M, Tanabe K. Impact of preoperative proteinuria on renal functional outcomes after open partial nephrectomy in patients with a solitary kidney. Investig Clin Urol. 2017;58(6):409-15.
  4. Tachibana H, Takagi T, Kondo T, Ishida H, Tanabe K. Robot-assisted laparoscopic partial nephrectomy versus laparoscopic partial nephrectomy: A propensity score-matched comparative analysis of surgical outcomes and preserved renal parenchymal volume. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2018;25(4):359-64.
  5. Tachibana H, Takagi T, Kondo T, Ishida H, Tanabe K. Comparison of perioperative outcomes with or without renorrhaphy during open partial nephrectomy: A propensity score-matched analysis. Int Braz J Urol. 2018;44(3):467-74.
  6. Tachibana H, Kondo T, Ishihara H, Takagi T, Tanabe K. Safety and Efficacy of Nivolumab in Patients With Metastatic Renal Cell Carcinoma and End-stage Renal Disease at 2 Centers. Clin Genitourin Cancer. 2019;17(4):e772-e8.
  7. Tachibana H, Kondo T, Yoshida K, Takagi T, Tanabe K. Lower Incidence of Postoperative Acute Kidney Injury in Robot-Assisted Partial Nephrectomy Than in Open Partial Nephrectomy: A Propensity Score-Matched Study. J Endourol. 2020;34(7):754-62.
  8. Tachibana H, Ishiyama Y, Yoshino M, Yamashita K, Toki D, Kondo T. Efficacy of Cabozantinib in Metastatic Papillary Renal Cell Carcinoma Following Ineffective Treatment With Initial Therapy of Nivolumab and Ipilimumab. In Vivo. 2021;35(3):1743-7.
  9. Tachibana H, Kondo T, Ishihara H, Fukuda H, Yoshida K, Takagi T, et al. Modest efficacy of nivolumab plus ipilimumab in patients with papillary renal cell carcinoma. Jpn J Clin Oncol. 2021;51(4):646-53.
  10. Tachibana H, Kondo T, Ishiyama Y, Yoshino M, Yoshida K, Izuka J, et al. New longitudinal component of the RENAL nephrometry score for predicting the operative complexity in transperitoneal robot-assisted partial nephrectomy. J Endourol. 2021.
  11. Tachibana H, Nemoto Y, Ishihara H, Fukuda H, Yoshida K, Iizuka J, et al. Predictive Impact of Early Changes in Serum C-Reactive Protein Levels in Nivolumab Plus Ipilimumab Therapy for Metastatic Renal Cell Carcinoma. Clin Genitourin Cancer. 2021.
  12. Tachibana H, Omae K, Ishihara H, Fukuda H, Yoshida K, Iizuka J, et al. Validation of predictive model for new baseline renal function after robot-assisted partial nephrectomy or radical nephrectomy in Japanese patients. J Endourol. 2021.
  13. Tachibana H, Inakawa T, Nemoto Y, Ishihara H, Fukuda H, Yoshida K, et al. Efficacy of Cabozantinib for Papillary Compared With Clear-cell Renal Cell Carcinoma Following Immune Checkpoint Inhibitor Treatment. Anticancer Res. 2022;42(6):3151-8.
  14. Tachibana H, Kobari Y, Fukuda H, Yoshida K, Iizuka J, Kondo T, et al. Higher risk of intraoperative bleeding in right-sided renal tumors compared to left-sided tumors in robot-assisted partial nephrectomy. Asian J Endosc Surg. 2023;16(3):432-40.

医師紹介

本田 幸

  • 東北大学医学部卒業
  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡ロボティクス学会 腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • ロボット支援手術プロクター認定医
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修修了